So-net無料ブログ作成

今週の(かなり遅いけど)仮面ライダーカブト 第36話 [特撮]

 傷ついた立川を発見した加賀美は、何故か神代家で介抱する。
 友達の友達は友達だと、握手をする立川と剣だが、お互いに正体を見抜き剣がディスカリバーで立川に襲いかかる。立川も今度はサソードになって応戦、ディスカリバーを折りクロックアップして逃走する。
 やはり、ネイティブはマスクドライダーシステムと関係あり?

 久々登場のSalleのオーナーの弓子さん。天道の紹介で、ひよりの代わりに働く事になる蓮華のドジぶりに苦笑いで。ところで、ひよりがどこに行ったのか疑問に思わんのか?
 Salleに剣が来店。一人で店番をしていたらしい(えぇ!?)蓮華が応対。ディスカリバーが折れた為サソードゼクターを返してもらおうと来店したが、天道は留守で何故か蓮華の料理の味見をすることに。蓮華の料理「芋の二個こがし(おそらくは芋の煮っ転がし)」を食す剣は「芋の三個こがし」も食べてみたいと。味はどうなんでしょ、やはり、アレですかね・・・・・。

 立川の事を本部に極秘に探そうとする天道だが、あっさり三島に気付かれ対立する。
 二人揃って、陸に呼び出され注意を受ける。ちょうどいいとばかりにネイティブの事を聞き出そうとする天道だが、例によってはぐらかされたしまう。そして陸は天道にカブトとガタックに暴走システムが搭載されている事をにおわせる。
 さて、今回加賀美陸が言っていた言葉で、更に謎が。「君の壮大な計画は我々の息子達が完成してくれる」、「安心したまえ日下部君」、という事で総司、ひより兄妹の両親はマスクドライダーシステムの関係者のようですが。

 立川からひよりの居場所やネイティブについて聞き出そうとする加賀美と天道だが、話が終わらないうちにワームの襲撃をうける。
 ワームを撃退したカブトとガタックだが、突然カブトが苦しみだし、そして立川に襲いかかる。ガタックがそれを止める。
 消耗した二人の前にホッパー兄妹登場、影山が矢車を「兄貴」と呼んでます。二人のホッパーは、カブトとガタックをボコッてさっさと姿をくらます。今のところ何をしたいんだか、よく分からない二人です。
 天道は暴走している時の事を憶えていないらしい。ガタックにも同じく暴走する可能性がある。ひよりを含む全てのワームを滅ぼす為に。

 立川を捜す天道と加賀美だが、時既に遅くウカワーム達に殺されてしまう。「皆既日食を探せ、彼女は、そこにいる。」と言い残し、息を引き取る立川。もっと分かり易いヒント教えてくれよ・・・。
 襲いかかってくるウカワーム達を撃破したカブトとガタック。全てのゼクターを返還するという天道。暴走するライダーを止められるのはライダーだけだと。
 ここで握手しようとする天道に、握手をせずに立ち上がった加賀美。以前言っていた「俺達は友達じゃない」というのを表す加賀美なりの返答なのでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。